Osaka University East Asian Center for Academic Initiatives

中文

日本語

ニュース&トピックス

CSC-OU Joint Scholarship Program説明会の開催報告(11/12)

2021.12.03

お知らせ

2021年11月12日、中国国家留学基金管理委員会(CSC)が実施する「国家建設高水平大学公派研究生項目」に基づくCSC-OU Joint Scholarship Programにより、本学大学院で学位(博士)取得を志す学生を対象にした制度概要の説明会を実施しました。

【当日寄せられた主な質問】

Q:共同養成博士研究生はこの奨学金プログラムに申請できますか。

A:CSC-OU Joint Scholarship Programは本学の博士(後期)課程に入学する学生が対象ですので、共同養成博士研究生の方は申請できません。共同養成博士研究生の申請方法については、CSCのホームページで確認してください。

 

Q:修士博士一貫制(5年)の学生は申請できますか。

A:修士の学位を取得(見込)できる場合は、申請可能ですが、取得できない場合は、申請できません。

 

Q:この奨学金と自分で申請できるCSCの奨学金との区別は何ですか。両方同時に申請できますか。

A:CSC-OU Joint Scholarshipと個人申請できるCSCの奨学金は、どちらもCSCから給付される『国家建設高水平大学公派研究生項目』ですが、CSCへの申請前の手続き方法が異なります。現在募集しているCSC-OU Joint Scholarship Programは2022年10月入学または2023年4月入学の新入生のみが対象です。両方同時に申請することはできません。

CSC-OU Joint Scholarship Programは、まず本学が求める書類を申請者が受入予定教員に提出し、本学で選考を行います。選考により支援対象者となった者がCSCに奨学金の申請を行うことができます。

個人でCSCに申請する奨学金は、2022年10月入学または2023年4月入学に限らず申請できますが、まず本学の受入予定教員に授業料等の支援を受けられるか確認する必要があります。授業料等の支援を受けられる場合にCSCに奨学金の申請を行うことができます。なお、本学の授業料免除制度は利用することができません。

CSC-OU Joint Scholarship Programによる奨学金、個人申請による奨学金のどちらもCSCへの申請時に本学が発行する「Letter of Acceptance」が必要となります。「Letter of Acceptance」は、本学の国際交流委員会委員長(The Chairperson of the International Affairs Committee)が発行します。受入予定教員が個人で発行した「Letter of Acceptance」は無効ですので注意してください。

 

Q:CSC奨学金の申請が通った後、大阪大学の入学試験に合格しなかった場合はどうなりますか。次の試験にその権利を持ち越せますか。

A:CSC-OU Joint Scholarship Programは、本学大学院の入学試験に合格することが条件となります。合格しなかった場合、次の試験にその権利を持ち越すことはできません。

 

制度概要についてはこちらをご覧ください。